ZKR倒産マネーの虎と上野健一社長

スポンサードリンク
マネーの虎に出演していた、上野健一社長の会社であるZKRが倒産しています。ZKRの負債の大部分は100億円を超える預り金であり、信託していなければ債権カットでもめそうですね。


(1)マネーの虎倒産と不動産開発

マネーの虎は、複数の社長が出演して事業を起こそうとする人間に、お金を投資する番組として話題を集めました。マネーの虎に出演していた社長の会社が、資金繰り倒産したことで最近、話題になりましたが、新たに倒産する企業がでていますね。

不動産開発は、地価の変動や資金調達環境の影響、消費者の購買意欲の影響を大きく受けますので、企業規模が大きくても多額の負債を抱えて倒産することがあります。バブル崩壊後に銀行は、不動産関連業界への多額の融資が不良債権となり経営が悪化、北海道拓殖銀行が倒産したことを覚えている方も多いのではないでしょうか。
スポンサードリンク

(2)ZKRが民事再生で倒産

マネーの虎倒産ZKR上野健一社長について、2013年8月19日の帝国データバンクが、分譲地の総合管理を手がけるZKR(旧:全管連)が民事再生を報じているので見てみましょう。
(株)ZKR(TDB企業コード582210341、旧商号:(株)全管連、資本金9991万円、大阪市淀川区東三国4-1-16、登記面=沖縄県国頭郡今帰仁村諸志山之堂原2088-99、代表上野健一氏、従業員106名)は、8月16日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。
ZKRが倒産していますが、民事再生により倒産していますので、スポンサーが見つかっているのか気になりますね。ZKRの社長である上野健一社長は、マネーの虎という番組に社長として出演していましたが、社長をご存知の方や番組を知っている方は多いのではないでしょうか。

(3)ZKRの会社概要

  1. 2001年9月設立
  2. 2013年1月17日 ZKRに名称変更 全管連と新・田舎暮らし大学が合併
  3. 未整備分譲地の再整備、共益施設の維持管理および土地建物売買など
  4. 休眠分譲地などの共益施設を取得、地主・住民と管理組合を組織し、当該地域の再整備、地域全体の資産価値向上を図る事業
  5. 不動産事業者、リゾート会員権販売業者、都市計画コンサルティング業者などでグループを形成
マネーの虎に出演していた、上野健一社長が経営していた会社としてZKRは有名ですが、不動産関連の業務を行っていることが分かります。ZKRの意味は、全管連の頭文字をとって名付けたのかもしれないですが、全管連と新・田舎暮らし大学が合併で名前を変更しています。

ZKRのホームページを見ると、2013年8月20日正午時点で見ると、全管連詐欺と表示されることが増えたため、名前を変更したことを明記していますね。ZKRは負債の大部分が預り金であり、100億円を超えていることを考えると、ZKR被害者の会のようなものができて、実態解明の情報がでるのか注目ですね。

(4)リゾート施設などの不動産開発

  1. 淡路島、小豆島など関西圏を中心に関東地方のリゾート地区から沖縄なども商圏
  2. 富裕層をターゲットとしたタウンプロジェクト
  3. 静岡県 あじろ南熱海が丘
  4. 和歌山県 白浜ホープヒルズ
  5. 日本最大規模(全国80ヶ所、7万4683区画)の分譲地の総合管理会社
  6. 2010年8月期売上高 約72億9700万円
ZKRは不動産開発に力をいれていますが、西日本を中心に商圏が広いことが分かります。ZKRのホームページを見ると、日本最大規模の分譲地の総合管理会社としており、高齢者向けのシニアタウン作りに力を入れていたとしています。

(5)ZKRの業績動向と倒産危機

  1. 東日本大震災の影響でリゾートやセカンドライフ関連の業況悪化
  2. 関東圏での需要低迷の影響が大きい
  3. 2010年8月期売上高 約72億9700万円
  4. 2012年8月期売上高 約53億2000万円
  5. 2012年8月期営業損失 約2億9200万円
  6. 2012年8月期経常損失 約3500万円
  7. 2012年8月期 当期純損失約2000万円
  8. 2012年8月期 債務超過額が拡大
ZKRの業績を見ると、売上高が減少しているうえに債務超過額が拡大と報じられていることから、債務超過のため倒産危機であったことが分かります。

企業は資金繰りが回っていれば債務超過であっても倒産しないですが、不動産業界は資金繰りが悪化しやすい上に、業績不調で資金繰りが回らなくなった可能性がありますね。

ZKR投資詐欺と倒産の仕組みを見ると、2013年6月に不動産を購入して債権者説明会に参加された方や、倒産直前まで集めていた預託金は最高9%の高金利のようですね。ZKRが銀行融資を超える高利回りで資金を集めていたということは、銀行から融資を受けられなかった可能性が高いと言えます。

(6)負債総額と預り金を運転資金化か

  1. ZKR単体 2012年8月期末 預り金約108億5900万円を含む約136億5400万円
  2. キャピタルF ZKRのグループ会社で民事再生法の適用を申請
  3. 住光 ZKRのグループ会社で民事再生法の適用を申請
  4. ノシアス ZKRのグループ会社で民事再生法の適用を申請
ZKRは倒産しましたが、負債の大部分は預かり金となっており、新規の販売や案件獲得による預り金を資金繰りに活用していた自転車操業の可能性がありそうですね。ZKRが倒産したことを考えると、スポンサーが現れても預り金を信託していなければ債権カットされるでしょうね。

マネーの虎に出演していた社長は倒産が話題となっていますが、ZKRの上野健一社長も倒産しており、預り金の行方に今後は注目でしょうね。ZKR民事再生 倒産詐欺と債権者説明会を見ると、預託金で集めたお金を見ると、負債に対して手元資金はわずかのため、大幅な債権カットになりそうですね。企業が倒産すると、預託金は全額返金されませんので、多額のお金を預けるときは企業業績を理解する必要があります。

マネーの虎 倒産と出演社長の現在を見ると、上野健一社長や堀之内九一郎社長以外に会社が倒産している社長もいますので、中小企業の社長は経営判断が難しいことが分かります。マネーの虎は、社会的に大きな影響を与えた番組です、会社の倒産で企業経営の難しさを示したとも言えますね。
スポンサードリンク

::


18 件のコメント:

  1. 適当な説明で
    分譲地を高齢者に買わせ
    維持管理費をとるビジネスモデル

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん
      匿名さん、こんばんは^^
      ZKRのビジネスモデルの解説深謝です。

      ZKRは倒産しましたが、マンションであれば管理会社が管理費を集めて、余剰資金を積立金としている場合が多いですよね。
      ZKRの今後で気になるのは、管理費などを預かっていたのであれば、どの位が債権カットされるのかでしょうね。

      ZKRの財務状況を見ると、債務超過であったうえに、直近の決算で債務超過が拡大していますので、手元資金はあまり無さそうですよね。

      削除
  2. 5年前にZKR より土地を購入し家を建てました。毎年約50000円の管理費を払っていますが、管理らしいことはほとんど何も行われず、空き地は草が伸び放題、道路や側溝も荒れ放題。その一方で毎月のように分譲地見学ツアーの案内や、豪華なカタログや社長の著作物などが送られてきていて、胡散臭い会社だと思っていました。どうやら私が払っていた管理費は、運転資金にあてられていたのでしょうね。ところで私が払っている管理費は毎年4月で引き落とす契約ですが、この契約は解除したほうがよいでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん
      匿名さん、こんにちは^^
      ZKRから不動産を購入して、管理費などを支払っていたのですね。

      上野健一社長からの著作物が送られていたとなっていますが、ZKRから資金がでていたのか気になりますね。
      ZKRが著作を購入した形にすれば、上野健一社長の手元に印税や別の会社を使うことで、資金還流するスキームもあるのかなと、妄想した次第です。

      ZKRの管理費について、契約書の書面と管理費に対する対応・管理面積が分からないので、何とも言えないですね。

      あくまで一般論ですが、引き落としは4月ということで時間はあると思います。
      ZKRの事業を引き継ぐ会社が現れたとして、管理費を同額で行うのかは気になりますね。

      削除
  3. 資産は掃いて捨てるほどある

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん
      匿名さん、こんばんは^^
      ZKRは土地を保有していると思いますが、リゾート地として売り出していたのであれば、一括で買い上げることのできるスポンサーは限られると思います。ZKRは、簿価よりもかなり低い価格で、土地を売却するのではないかと、想像しています。

      ZKRに銀行借入があったとすれば、上野健一社長の資産は担保処分されたりしているのか気になりますね。

      削除
  4. ZKR被害者の会に情報が集まることになるのだろうか。

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん
      匿名さん、おはようございます^^
      ZKRの事例でも被害対策を請け負っている、弁護士さんがいるようですね。

      MRIインターナショナル投資詐欺は、被害者の会が発足して情報の集約を行っていたようです。
      ZKRの場合、債権者の意見集約を行う場があれば、債権者にとってより有利な条件を提示することができるのではないでしょうか。

      削除
  5. 分譲地を守る会2014年1月15日 0:35

    http://zkr-bunjyouchi.blog.jp/
    ZKR民事再生の中で管理事業譲渡の説明会が1月10日に実施されました。
    私達 「分譲地を守る会」 では参加された債権者の皆様の協力により、できる限り正確な情報を発信しています。
    説明会に参加されなかった債権者の方は、宜しければ参考にして下さい。

    返信削除
    返信
    1. >分譲地を守る会さん
      分譲地を守る会さん、こんばんは^^
      ZKRの情報について、掲載先の情報を分かりやすくするため、コメント欄に掲載先の場所が分かるように付加しました。

      ZKRは分譲地についてどのように考えているのか、ZKRの経営陣が債務超過の状態の中で、運転資金として預り金を集めていたのか気になります。
      ZKRほどの預り金の規模になりますと、信託財産として会社が勝手に使えなくする場合もあるのですが、運転資金に流用されていたのか妄想しながら気になっております。

      ZKRにスポンサーが現れた場合、債権者に対して配当は行われると思いますが、預り金に対する配当金額は、かなり低い金額になる可能性は高いと思います。

      ZKRやグループ会社と何らかの管理契約を行っていたとしても、それらを値上げするように、再契約を求められる可能性もあるかもしれません。
      ZKRは民事再生計画を提出すると思いますが、再建計画に基づいて、債権者が最終的にどの程度の負担を負うのかは見極めが重要になりますね。

      削除
  6. 上野健一が民事再生を悪用してる限りスポンサーはあらわれません。ZKRを破産させて上野健一を刑事追及してスポンサーに入って頂きましょう。

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん
      匿名さん、こんばんは^^
      名前や役職、事実関係の確認がとれなかったものは、省かせて頂きました。

      民事再生をしているときに、刑事責任があるのであれば、管財人が刑事告発していると思います。
      不動産再生のスポンサーが入るとしても、どうなるのか気になるところですね。

      破産でスポンサーが現れたとしても、90%前後の債権カットという可能性もあります。
      ZKRの財務状況を含めて、企業再生できるのかどうかは、気になるところですね。

      削除
  7. 今日、「○○○○自治管理組合事務局 環境管理株式会社」から管理費と管理組合入会金の支払い請求書が届きました。
    入会もしていないのに入会金の請求とは(笑)

    挙句に案内の文面に「原野商法にご注意」とまで。数年間、郵便に電話・・・あの手この手で、掛かってきます。
    ハッピーリタイアメント、ZKR、KKK、田舎暮らし大学に、土地売却の衛星測量の案内・・・・
    世間知らずの善良な定年退職者とお年寄りはこいつらの良いカモです。

    返信削除
    返信
    1. 私にもきました 皆さんどうされてます?
      契約も入会もしてないのに
      数日後 別の会社からもきました
      まったく放置で 荒れ放題なんですがね

      削除
    2. >匿名さん
      匿名さん、こんばんは。
      返信が遅れて申し訳ないです。

      入会している覚えがないのに、入会金が請求されたというのは不思議な話です。
      関連会社か別会社なのか不明ですが、どういった経緯で書類がきているのか気になりますね。

      削除
    3. >匿名さん
      匿名さん、こんばんは^^
      契約も入会もしていないのに、よく分からない会社から請求がきたという話は驚きますね。

      何かしらの契約があるのか不明ですが、倒産した会社ですので、今後の計画について気になる部分は質問することが無難と言えそうですね。
      ZKRと関係があるのか不明ですし、ZKRとして何も知らないと回答されれば、私見ですが困る方がでてくる気もします。

      会社自体は、破産していないわけですが、インフラを握られているというのは厳しいことなのかもしれないですね。

      削除
    4. 環境管理株式会社とリアリティーマネジメント株式会社から 共益施設維持管理費名目で二重の請求です
      どうなってるのか?
      皆さんどうされてます?

      削除
    5. >匿名さん
      匿名さん、おはようございます^^
      自分は、二重請求の経緯を理解できていないのですが、少し気になりますね。

      ZKRの動向について、管財人や弁護士に尋ねるのも、もちろん重要と思います。
      消費者生活センターに、相談するというのも悪くないかもしれないですね。

      類似の問題事例について、何らかのケースはある可能性もあると思います。
      二重支払について、どういった解決策があったのか、事例を教えてもらえるかもしれないですね^^

      削除

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。