韓国経済破綻2016年10月ギャラクシー爆発

スポンサードリンク
ギャラクシーは、サムスンのスマホブランドのため、iPhoneと似たような名前にして販売しています。韓国経済は、サムスンのスマホに依存しているため、ギャラクシー爆発や炎上の影響が懸念されています。


(1)韓国経済が不景気の理由

韓国経済は、大手財閥による事業の寡占化が行われているため、富が極度に集中しています。大手企業は、アジア通貨危機により外資に買い叩かれたため、創業家と外資の出資比率が高い特徴があります。

外国人は、高配当や自社株買いによる株主還元圧力が強いため、労働者に対する配分は増やしにくくなりました。韓国は、財閥に就職できなければ負け組になるだけでなく、リストラが激しいことにも特徴があります。

サムスングループは、韓国最大の企業グループとして君臨していますが、中核のサムスン電子も大リストラを行っています。韓国企業は、業績悪化によるリストラが止まらなくなっており、新規投資の激減が続いていますね。
スポンサードリンク

(2)サムスンはスマホに依存している

  1. サムスンはスマホ販売台数世界1位
  2. サムスンはスマホの利益が大部分を占める
  3. サムスンの半導体や液晶部門 スマホへの部材供給
  4. サムスンのスマホ事業が失速すれば韓国経済に大打撃
サムスンは、日本企業の製品をパクることにより、液晶テレビや半導体事業の拡大に成功しました。日本企業の経営者は、韓国企業に技術協力や提携を通じて弱体化しており、国力が衰退するきっかけになったということでしょう。

アップルは、携帯型音楽プレイヤーiPodを販売しただけでなく、iPhoneに進化させることにより大ヒットしました。サムスンは、iPhoneの見た目をパクることにより、スマホ市場のシェア拡大に成功しています。

サムスンは、スマホ販売台数世界1位になりましたが、ギャラクシーの動向により収益は大きく変動します。韓国経済は、サムスンの与える影響力が非常に大きいため、スマホ事業がこければ大打撃を受けるということですね。

(3)Galaxy Note7が爆発

  1. 高価格帯 アップルがiPhone7が新発売
  2. 低価格帯 中国企業の販売攻勢によりサムスン苦戦
  3. 低価格帯 インドなど新興国でも地場企業がシェアを拡大
  4. サムスンが新型ギャラクシーにより市場シェア維持を目指す
  5. ギャラクシーノート7がバッテリー問題により爆発が相次いでいる
スマホ市場は、世界的な競争が激しくなっているため、参入競争が激しくなっています。アンドロイドは、スマホのOSを無償提供しているため、部材を調達することによりスマホは格安生産できます。

アップルは、iPhoneにより高価格帯スマホ市場のブランド力が高いため、販売不調と言われても高利益を続けています。低価格帯は、新興国企業の参入が止まらなくっているため、泥沼の競争が終わらなくなりました。

サムスンは、新型のギャラクシーノート7をiPhone7販売日に近づけており、誤認販売を狙っていたのでしょう。新型ギャラクシーは、爆発事件が世界中で相次いでいるため、サムスンのブランドは崩壊していますね。

(4)ケガだけでなく航空機墜落リスクも発生

  1. 充電中に爆発
  2. カフェでの利用中に発火
  3. 航空機の機内でも煙が発生
  4. 規制当局が機内での利用禁止を告知
ギャラクシー爆発事件が、世界中で話題になっている理由は、スマホ市場でのシェアが高いことも理由です。ギャラクシーは、充電中に爆発しているだけでなく、利用中にも発火するなど危険性が注目されました。

スマホは、身近な道具としてポケットやカバンに入れる人が多いだけでなく、通話中は頭部に近いところにあります。ギャラクシーは、航空機内でも燃えかける事象が発生しており、非常に危険なスマホになっています。

アメリカの規制当局は、ギャラクシーの航空機内での利用を制限しており、危険性の周知徹底を始めています。ギャラクシーの危険性は、ANA国内線でもアナウンスしており、管理人は搭乗中に不快な墜落リスクを感じました。

(5)サムスンに莫大な損失

  1. ギャラクシー被害者への補償
  2. ギャラクシーの世界的なリコール費用
  3. サムスンはギャラクシーの部材売上が他部門に波及
  4. サムスンの安全軽視に対する懲罰的な罰金発生リスク
  5. サムスンブランドイメージ失墜により競合の売上拡大
サムスンは、ギャラクシー被害者への補償をするだけでなく、世界的なリコール費用を負担する必要があります。ギャラクシー爆発は、利用方法や置きが悪いと言い訳しているようですが、消費者が離れていくだけになりそうですね。

韓進海運倒産の理由をまとめましたが、韓国企業と取引をするリスクを、日本企業の経営者が考慮しているのか疑問です。アメリカ政府は、サムスンの大量リコールに対して、フォルクスワーゲンのように罰金を課する可能性もありそうです。

サムスンは、ギャラクシーのブランドイメージ失墜により、競合企業とのシェア争いに苦戦することになりそうです。ギャラクシー爆発事件は、他の利用者を巻き込むリスクもあるため、利用者に危険性を周知することも重要になりそうですね。
スポンサードリンク

::


0 件のコメント:

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。